ダイエット 栄養知識

【同じカロリーでも太る食べ物】の見分け方

更新日:

同じカロリーでも太るのはなぜか

 皆さんダイエットやフィットネスのために「食事制限」をしている方が多くいると思います。

しかし現代の健康知識では、同じカロリーでも太るものがあるのが常識です。

それを見分けるにはどのようにすればよいか?解説していきます。

GI値とは

同じカロリーでも太るものを見分けるためにはGI値というものが必要です。

GI値とは、食事した後にどれくらい血糖値が上昇するかを表す値です。

GI値が高い食品を食べると食後の血糖値が高い状態となり、GI値が低い食品を食べれば、食後の血糖値の上昇を抑えることができます。

まず我々が炭水化物を食べると、胃や十二指腸で炭水化物がブドウ糖に分解されます(このプロセスを炭水化物の消化という)。

その後ブドウ糖は小腸で吸収され、血液中に取り込まれます。

血液中にブドウ糖が多くなると、ホルモンの一つであるインスリンが膵臓から分泌されます。

このインスリンには変化した血糖値を通常の状態に戻す働きがあり、これにより体内の細胞はブドウ糖を吸収し、エネルギーとして利用します。

利用されなかったものは、燃料の貯蔵という意味でグリコーゲンや中性脂肪といった形で体内に蓄積します。

カロリーではなくGIに注目しよう

なぜインスリンの話をしたかというと、血糖値の上昇によりインスリンが分泌され、インスリンの働きによって中性脂肪が作られるからです。

GI値の低い食品は食後の血糖値の上昇が低い食品で、インスリンによって中性脂肪が作られる心配が少ないと言えます。

シドニー大学による調査だと、グルコースのGI値を100としたときに、70以上のものを高GI、56-69のものを中GI、55以下を低GI食品しています。

高GIのものはおいしいものが多いですが、少しずつ低GIの食品を食卓に並べてみて下さい。

僕のおすすめは玄米です。味も美味しく、無理なく低GI生活を始めることができます。

こちらの動画でも解説しているので、見てみてください

はっさんち-style-

https://mediable.jp/channels/6947a492-cb25-4275-83b6-88b23c932ec5

GI値まとめはこちらから。よくまとまっています。

https://www.rakuten.ne.jp/gold/papamama/alpha30_GI.html

-ダイエット, 栄養知識

Copyright© はっさんち-style- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.